StyleColor

いろあそび、自爪ネイル記録。

Nail No,09 : 幾何学模様ネイル

先日、上羽絵惣 胡粉ネイルを購入したという記事を書きましたが、
購入した翌日には使ってた、という記事です(*´∀`*)

20140525_001.jpg


20140525_004.jpg

トップコート・ベースコート

● ZOYA アンカーベースコート
● セシェ ヴィート(トップコート:2度塗り)

使用ポリッシュ

● 上羽絵惣 胡粉ネイル 水茜(ベースカラー)
● 上羽絵惣 胡粉ネイル おそら
● BOURJOIS ソー ラック グロッシー 05
● TiNS 703 Champs-Elysees

胡粉ネイルはアートでも使えるのかという実験も兼ねた今回のネイル。
爪を切れる限界の所まで短くしたこともあって、ショートネイルに合うデザインにしたいなぁと思っていました。
ブロック型に区切ったデザインを塗るのは初めて。
色の重なり具合を手帳に書きながら、あーでもないこーでもないと試行錯誤。
爪が少しだけポップで可愛く仕上がったかなぁと思います。

20140525_002.jpg


ベースカラーは「水茜」を使用。
ピングロよりも少し赤と黄色が強くなったシアーカラーです。
コレだけでも満足しちゃうくらいツヤッツヤで美しかったのですが、潔くアートしちゃいました。

水色の「おそら」はアクリル絵の具のようなペンキのような質感のクリームカラー。
マスキングを使って塗ると、マスキングを通り抜けて染み出てくるよーと聞いていたので、念には念を入れてマスキングしました。
多少引きずってしまった箇所はあるものの、そこそこキレイにできたかなぁ(*´艸`*)

20140525_003.jpg


BOURJOISのカラーは好みのカラーが多くて、今回のグレーもとってもお気に入り。
透け感のあるグレーで、ダークカラーだけれど重くならないんです。
がしかし、2014年7月31日をもってBOURJOISが日本撤退するんだそうですΣ(゚д゚;)
えらいこっちゃ・・・!この水っぽいポリはなかなか無いと思うので、大替えカラーを探すのは大変そう。
私のなかでホワイトと言えば!な定番ポリ「07 コトン・シュールトン」を追加でゲットしておかねば・・・!


余談ですが、この幾何学模様ネイルをした後に、単色塗りもしてました。
幾何学模様ネイルの時はグレーを合わせましたが、単色塗りの時はブラウンを合わせてレトロっぽい感じに。
ブラウンに使ったポリは「essie 766 GLAMOUR PURSE」。
大分迫力のあるネイルでしたが、天気の悪い日が続いていた時にしていたネイルだったので、爪先と気分だけは晴れやかでした。

20140525_005.jpg




スポンサーサイト



ポリッシュレポート [上羽絵惣 胡粉ネイル]

ずっと気になっていた、上羽絵惣さんの胡粉ネイル。
オンラインショップで購入も可能ですが、現物を確認してから購入したいと思っていました。
京都へ行った際に駅構内の店舗で見つけたので、試してみましたよ(*´艸`*)
私はネイルをしていたので、友人の爪を借りて色確認。
じゃんじゃん塗ってくれていいよーと言ってくれた友人に感謝!
いろいろ試して気になった3本を購入。
旅行の時って、財布の紐緩くなりますよねぇ(*´∀`*)

20140522_001.jpg


20140522_002.jpg


胡粉ネイルは、日本画などで使用される「胡粉(ごふん)」という、ホタテの貝殻を用いて作られた顔料を使って作られたネイルだそう。
水溶性のネイルなので、消毒用アルコールでオフできるそうですよ。
オフする際にアセトン使わなくても良いのは嬉しいです。


20140522_003.jpg


OPIとボトルサイズ、刷毛を比較してみました。
OPIの内容量が15mlなのに対し、胡粉ネイルは10mlと少なめ。
ボトルは小さめですが、蓋はそこそこ大きめのものが付いているので塗りにくさは感じません。
刷毛もOPIのものより太くて、短め。
胡粉ネイルは1度塗りで完成させることを前提としているので、爪を隙間なく塗れるように大きめの刷毛になっているのかもしれません。

現在は、日本の伝統色をイメージした「和色シリーズ」、パステル系の鮮やかなカラーが揃った「パステルシリーズ」、ラメがチラチラ光ってとても可愛い「きららシリーズ」が展開されています。
今回購入したのは、「和色シリーズ」から2本、「パステルシリーズ」から1本です。

20140522_004.jpg

● 上羽絵惣 胡粉ネイル 水茜(みずあかね)

何コレすっごい塗り難い・・・!と1つめから挫折しそうになりましたよ。。。
爪に塗った時は全然気にならなかったのですが、チップなどのプラスチック素材のものなどに塗ると色を弾いてしまうよう。
ボトルカラー再現のために4度塗りしましたが、胡粉ネイルは1度塗りで仕上げることを推奨しているので、重ね塗りはやっぱりしない方が良いのでしょうね。

水茜は胡粉ネイルで2番目に人気の色。
コーラル系のシアーカラーです。ほんのり色づいて爪をキレイに見せてくれる感じ。
ピングロより少し黄色が強いものをイメージしていただけたら良いかもしれません。
ベースカラーとして大活躍しそうなカラーです。


20140522_005.jpg

● 上羽絵惣 胡粉ネイル 京紅(きょうくれない)

大人の女性に似合いそうな紅をイメージしたカラー。
ぶどう色とはまた違って、赤なんだけどピンクっぽい要素もあるというか、日本の色ならではな1本。
ショートネイルに単色塗りしたら映えそうです。


20140522_006.jpg

● 上羽絵惣 胡粉ネイル おそら

曇りのない空をイメージした、あざやかなブルー。
とってもキレイなカラーで、真っ先にコレは購入しようと決めました。
友人にもZuiっぽい色だねって言われたもの。
ブルーだけど、白っぽさはないのでイエベの人でも使いやすいのではないでしょうか。


オーガニックをうたっているネイルなだけあって、爪にはとても優しそうな印象。
本当に早く乾くのでアートには向かないかもしれません。
単色塗りでもカッコイイ色が揃っているので、時間の無いときにも良さそうです。
1本1,300円とお値段は可愛くありませんが、ボトルも色も可愛いので、気に入った色があればついつい購入してしまうかもしれません。

次回の更新は、このポリを使ったネイルです。


Nail No,08 : モダンカラーネイル

京都・奈良へ1泊2日で出かけた際のネイルです。
せっかく京都・奈良へ行くのだから和風ネイルにしたかったのですが、コテコテの和柄は嫌でした。
何とか色とパターンで和風にできないかと穴が開くくらい雑誌を見つめつづけた結果、こちらに落ち着きました。
今回、ずっとやりたかった「ネイルアートBIBLE EX 2014」掲載のネイルをまねっこ。

20140519_002.jpg

和風というよりモダンな印象のネイルになって、かえってこれくらいの加減が丁度良かったかもしれません。


20140516_001.jpg


20140516_004.jpg

トップコート・ベースコート

● ZOYA アンカーベースコート(ベースコート)
● essie good to go!(トップコート:2度塗り)

使用ポリッシュ

● essie 714 PILLOW TALK(人差し指・薬指に1度塗り)
● essie 745 SAND TROPEZ(親指・中指・小指:2度塗り)
● SMELLY 08 パープル
● SMELLY 159 イチョウ
● SMELLY 166 イチジク
● SMELLY 174 ミゾレ

くり抜きネイルは初めてではないけれど、多色使いでくり抜くのは初めて。
明度は高いけれど、彩度は少しだけ低いカラーを使用したので、派手になりすぎず可愛く仕上がったかと(*´艸`*)
雑誌で使用されていたカラーをそのまま使いましたが、パステルっぽい感じやダークカラーでも印象変わって面白い仕上がりになるかもしれないなぁ。
丸みのあるダイヤ型も可愛いけれど、直線のダイヤ型の方が締まって良いかも。

20140516_002.jpg

しかし久しぶりに使用した「essie 745 SAND TROPEZ」が超絶に塗り難くてびっくりしました。
超もったりしてるΣ(゚д゚;)!
でも好きな色です。グレージュ。こんな感じの色が手持ちのポリには沢山あります。
そして初使用の「essie 714 PILLOW TALK」。
ベースカラーにもってこいの爪がキレイに仕上がるシアーカラーでした。
「essie 636 BLUSHING BRIDE」のほんのりピンクも好きだけれど、よりナチュラルに仕上げたいときはPILLOW TALKを使うことになりそうです。

20140516_003.jpg



続きで少しだけ京都・奈良レポです。


Nail No,07 : シンプルラメグラデネイル

ネイルのテッパンデザイン、ラメグラデ。
王道すぎて敬遠する方もいるのでしょうが、私は大好きです!
シンプルだけど絶対的に可愛いんですよね。
定期的にやっているのですが、毎回すこしだけ手を加えられたらなぁと思って塗っています。
今回のネイルはそんなラメグラデネイルです。

20140508_001.jpg


20140508_005.jpg

トップコート・ベースコート

● ZOYA アンカーベースコート(ベースコート)
● セシェ ヴィート(トップコート:2度塗り)

使用ポリッシュ

● BOURJOIS ソー ラック グロッシー 07(フリーエッジに1度塗り)
● essie 384 MADEMOISELLE(全指:1度塗り、ベースカラー)
● CASTLE DEW 9727 ミューズスパークル(グラデーション)
● essie 545 PINK GLOVE SERVICE(全指:1度塗り)

今回、フリーエッジ隠しに「BOURJOIS ソー ラック グロッシー 07」を1度塗りしています。
全塗りではなくて、フリーエッジを覆い隠すように塗っただけ。
爪先に向かって白っぽくなっているのはそのためです。
その後にベースカラーを塗って、ラメグラデして、ピングロで閉じ込めてセシェでコーティング。

20140508_003.jpg

ツヤっツヤ・・・!
このテカリ具合は本当テンション上がります(*´艸`*)
何より「CASTLE DEW 9727 ミューズスパークル」のラメが本当に美しいんです。
虹色に輝くラメが指を動かす度にキラキラします。
爪先が白っぽいこともあって、いちごみるくみたい。
キモチ指が長くなったような気もして、このネイルをしている間はウキウキ気分で過ごしました。

そして触れようか迷った薬指の花柄シール。
ネイルサロンのブログで見た花柄フレンチが凄く可愛くて、ぼんやりとした印象のあったそれをなんとなーく思い出しながら貼っていったのでした。
シールの上からミューズスパークルを1度塗りしたらお花の上でラメがキラキラして、薬指だけ妙に乙女(*・ω・*)
でも結果可愛く仕上がったと思うのです。
今回もラメグラデを満喫できたかなぁ(*´艸`*)

20140508_002.jpg


20140508_004.jpg



Nail No,06 : 初夏のボーダーネイル

5月に入り、急に暖かくなってきました。
日中の気温が25度なんて時もあったりするので、夏どれだけ暑くなるのかと心配で仕方がありません。
今回の記事は、そんな初夏の雰囲気満載のネイルです。(でもこのネイルしていたのは4月下旬。気が早いネ!)

20140501_001.jpg


20140501_005.jpg

トップコート・ベースコート

● essie リッジフィリング ベースコート(ベースコート)
● セシェ ヴィート(トップコート:2度塗り)

使用ポリッシュ

● essie 711 BBF BOY BEST FRIEND(全指:ベースカラー)
● essie 718 PLAYA DEL PLATINUM(中指:2度塗り)
● essie 796 WHO IS THE BOSS(親指:2度塗り)
● atelier+LIM for haco. ピスタチオ(小指:2度塗り)
● BOURJOIS ソー ラック グロッシー 07(人差し指・薬指:3度塗り)


ブルー×グリーンの組み合わせが大好きでボーダーにしたいなぁと思っていました。
BOURJOIS 07の透け感のある白と、essie 718のベージュがかったグレーが、少しだけ彩度高めのブルーとグリーンを際立たせてくれたかなぁ(*´ω`*)
久しぶりにessie 711 BBF BOY BEST FRIENDを使用しましたが、馴染み具合が半端無くイイ!
最近BLUSHING BRIDEばかり使っていましたが、やっぱりessieのシアーカラーはどれも優秀だと再認識。
偏らず、その時々のネイルにばっちり合うベースカラーをチョイスしていこう・・・!

20140501_003.jpg

もうひとつ久しぶりだったのが、ポリシートを作ること!
大分慣れてきましたよー!ポリシート作るの!
クッキングシートに塗って乾かすまでは問題ないのですが、その後のカットするのが苦手でした。
でも!今回はそこそこ上手くできたんじゃないかと(*´艸`*)
ちまちました作業は大好きなので、ポリシートもまたどんどん活用していきたいなぁ。
なんだかんだお気に入りネイルだったので、配色を変えてまたチャレンジしようと思います。

20140501_002.jpg


20140501_004.jpg


ポリッシュレポート [CASTLE DEW]

3月にSMELLYのポリを買ったよーという記事を先日書きましたが、同時期に購入したものが他にもあります。
たまたま仕事帰りに寄ったショッピングモールのコスメフロアにあった「CASTLE DEW(キャッスル デュー)」という韓国コスメのコーナーにあったネイルカラーがあまりにも可愛くて、ついつい手に取ってしまったわけです。

20140430_001.jpg


20140430_002.jpg

キャッスルデュー カラーショットネイルは、シャイニングレインボーエフェクトパールの配合により光の反射角度でダイヤのように深みのある華やかな輝きを放つネイルポリッシュです。プレミアムブラシの採用により、ブラシ跡のない美しいネイルカラーを演出します。
CASTLE DEW オフィシャルサイトより引用


このブランドは初めましてだったのですが、どうやらジュエリーをテーマにキラッキラで華やかなコスメを展開しているようです。
そのブランドコンセプト通り、ポリッシュもキラッキラでした。

20140430_003.jpg


これ!どのポリもほんとにキラッキラの美しいラメが入ってるんです(*´艸`*)
一目惚れして真っ先に手に取ったのが紫色のボトルのもの。クリアカラーの中に、これまたテカテカ光るラメがびっちり入っています。
実際どうやってネイルに使おうか迷う色だし、ラメのギラギラ具合も難しいなぁと思っていたのだけど、見てるだけで幸せになるポリだからいいんです。
観賞用でも満足、だってキレイだもん。

20140430_004.jpg


刷毛はessieのものより2mmほど長くて、少しだけ太いもの。OPIとessieの刷毛の中間くらいの大きさでしょうか。
液をよく含むので、塗りやすい刷毛だと思います。
びっちりのラメもしっかり拾ってくれますよー。

ではカラー紹介です!

20140430_005.jpg

● CASTLE DEW カラーショットネイル 9727 ミューズスパークル

ほんのりクリーム色の液の中にオーロララメが入っていています。
この色でラメグラデしてセシェでコーティングしたネイルは、ほんと可愛かった・・・!ついつい手を見てしまう頻度が高いんです。自分の手なのに(*´ω`*)


20140430_006.jpg

● CASTLE DEW カラーショットネイル 9397 クレイジーパープル

公式サイトには記載が無いので、廃盤になってしまったのか限定だったのか定かではないのですが、ほんとキレイなパープルなんです・・!
ベースカラーの上に重ねて使うのが良いかなぁ。


20140430_007.jpg

● CASTLE DEW カラーショットネイル 9721 ポップスキーホワイト

一見パールが強そうで刷毛の後が残ってしまいそう、苦手かも。と思ってしまうのですが、微細なラメが入っているおかげかとっても塗りやすいです。
ワンカラーでシンプルに仕上げたらかっこ良さそう。

20140430_008.jpg

● CASTLE DEW カラーショットネイル 9925 スモーキッシュ

ポップスキーホワイト同様パール強めのカラーですが、こちらのスモーキッシュの方がラメが強いかもしれません。
グレー<ブラックよりのカラーで、ワンカラーにもアートにも使えそう。


1本500円なのに価格以上のポリだなぁと感じました。
販売されているものは、ラメがびっしり入ったクレイジーパープル系のものか、パール+ラメのポップスキーホワイト系の2種類で展開されているようでしたが、グリーンやブルー系のポリもとてもステキだったのでついつい増えていってしまうかもしれません。
韓国コスメ侮り難し。



該当の記事は見つかりませんでした。